川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
9月議会一般質問④

Jアラートについて

川田北朝鮮によるミサイル発射や核実験等、国際社会を緊迫させる状況である。
このたび北朝鮮がグアムを標的とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射させるとのことで、上空を通過する島根県にも地対空誘導弾(PAK3)を配備した。
先般、北朝鮮が発射したミサイルが北日本上空を通過した際、一部自治体においてJアラートが機能しなかったところもあるとのことであるが、当町のシステムは機能するか確認されているか。

町長本町のJアラートの自動起動による情報伝達は、防災行政無線の屋外拡声子局と戸別受信機による音声放送に加え、津和野町ホームページと職員参集等に利用する「緊急情報(津和野町職員用)」メールマガジンとも連動しており、内閣官房から配信される情報を速やかに伝達する仕組みを構築している。

8月18日には、北朝鮮による弾道ミサイルが通過した際の情報伝達に備え、中四国9県を対象にJアラートの情報伝達訓練が行われたが、正常に情報伝達が行われていることを確認している。

川田災害や原発事故などの際は国・県等と連携し非難計画などがあると思うが、有事における当町の対応はどのようにされるのか問う。

町長Jアラートと連動した防災行政無線等による緊急情報伝達手段の確保のほか、津和野町国民保護計画を策定しており、国や県をはじめ、自衛隊や警察、消防等公共機関と連携・協力し、国民保護措置を速やかに実施することとしている。
有事の際、最も重要な本町の役割のひとつである情報伝達に万全を期すため、定期的な情報伝達訓練の実施やJアラートの正常な起動確認を徹底するなど、引き続き町民の保護に取り組んでいきたい。
スポンサーサイト
[ 2017-09-26 (Tue) 08:55 ]  
   Category:未分類
TrackBackURL
→ http://kawadatsuyoshi.blog46.fc2.com/tb.php/791-27990f8c