川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
9月議会一般質問②

~一体感の醸成について~

本年、8月15日、亀井入城400周年を記念し、盆踊りが開催され、多くの参加者で賑わった。
当日は日原鮎祭り花火大会も例年通り開催され、こちらも多くの参加者で賑わった。
一方で、本年はシャトルバスが運行されず、津和野地域・日原地域の交流ができていない。
町民からは「予算の都合で」との回答があったとのことであるが、参加者の取り合いを懸念したものではないかと感じる。
8月15日に大規模なイベントを同時開催したというのは、配慮にも感じるが、配慮に欠けているとも思える。
どのような経緯でこのような結果に至ったのか、また町長の所見も伺いたい。

町長 鮎まつり花火大会において、津和野方面からのシャトルバス運行取りやめについては、実行委員会として協議し、総意として決定した。
厳しい実行委員会予算のもと、実施しているのが現状である。
ちなみに津和野地区の鯉・恋・来いまつり花火大会についても同じく予算の都合もあり、少なくとも数年来、日原地区からのシャトルバスは運行していない。
予算段階で金額が確定できない、不確定要素の多い寄付金に収入を頼っている状況においては、実行委員会としては致し方ないご判断と推察する。

同日開催については、津和野踊りはまさに400年の歴史が有する特筆すべき行事であり、かたや鮎まつり花火大会は55回を数え、地域を代表する夏の風物詩でもあるという、まさに地域住民のプライドを象徴している行事である。一概に町からの助言で解決できる問題ではない。
 
前段のシャトルバスもしかり、最終的には実行委員会、保存会・公民館等の判断を尊重させていただきたい。
スポンサーサイト
[ 2017-09-24 (Sun) 13:27 ]  
   Category:議会
TrackBackURL
→ http://kawadatsuyoshi.blog46.fc2.com/tb.php/789-0edcea25