FC2ブログ
川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
全員協議会

9/1
全員協議会が開催されました。

医療従事者住宅の建設について説明がありました。

場所は津和野駅前にあるJRアパートと消防車庫の間の駐車場スペースです。

前回の全員協議会では多くの議員が「他の場所にすべき」と発言しました。

しかし、今回提示された場所はまったく変わっていません。

その理由として、

徒歩でも通勤でき、若い女性に対する防犯の面からも駅前がベストである、旨の説明でした。

建設費用はおよそ1億数千万円を予定しており、財源は病院債3/4、合併特例債1/4の地方債で賄うとのことでした。

病院の医師・看護士不足の現在、医師・看護士の確保は喫緊の課題であります。

そのような中、来春新たに看護士を受け入れられることが決まってはいるものの、住居の環境が整っていないことから早急に住居整備を行わなければならなくなっているのです。

この件について同僚議員の多くが住居整備については賛成なのですが、問題としているのは場所なのです。

観光協会や商工会、周辺地域への説明を行わないまま、理解してくれるであろうとの認識で事業が進んでいることが問題なのです。

担当課長は、医療従事者確保に向けて各地の学校を訪問する中、昨秋の時点で住居整備の必要性を実感したそうなのですが、実際に住宅建設という話が出てきたのは今夏のことです。

今までも、文教民生常任委員会の提言で住宅整備の必要性があげられていた中で、現在に至っているという点も指摘がありました。

町長からは「医療対策は本町にとって最優先課題である」と力強い発言がありましたが、その意気込みがある中でなぜ今になってからなのか、という疑問も感じた次第です。

反対か賛成か、葛藤の中で、今回の案件をどう思っているか観光協会幹部に伺ってみると、「観光担当課と先日も会い、駐車場利用について話をしたのだが、まったくそのような話はなかった」と驚きを隠せない様子でした。

ベストはないかもしれませんがベターを求めて9月定例会に臨みたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2011-09-02 (Fri) 12:56 ]   Comment(0)
   Category:病院
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kawadatsuyoshi.blog46.fc2.com/tb.php/324-c9efc9a6