FC2ブログ
川田つよし後援会
島根県津和野町議会議員  川田 剛 のブログ
水痘


恐怖の水痘

さて、ずいぶんと書かない日が続いてました。

実は息子が水痘(みずぼうそう)にかかり、あわただしい日々を送っていました。

3月の中旬、妻から連絡があり、「保育園から連絡があって、水痘だから一週間くらいは保育園に行けない。とりあえず病院に行く」と。

その日は疑うほど元気で、明日からの面倒を誰が看るかとか、なんだかんだ話をして床につきました。

深夜、妻が「ケイレンおこしとる!!病院いってくる!!」と叫んだので起き上がり、とっさに車のエンジンをかけ、寒いのでジャンバーを着て、財布、携帯電話、タバコ(こんなときでも)を持ち、妻のかばんなどを車に乗せて、益田に向かいました。

寝起きのまんまの妻と、咄嗟の判断で準備万端の私、こういうときに性格が現れます。

とはいえ、息子の視線は遥か彼方を見ている状態で、ケイレンも激しいものだったので、心配は晴れません。

車の中で、「津和野共存病院でもよかったんじゃないか」、「でも小児科がないから」「益田の救急外来の先生も小児科とは限らんぞ」等と話しながら病院の遠さをつくづく感じました。


病院の待合室に通されたとき、妻が自分の格好に気づき爆笑していました。

先生に診てもらったのですが、やはり救急外来の先生は小児科ではなく外科医。

翌朝小児科に来てくれといわれ病院を後にしました。

息子の容態も落ち着いたので、帰りにポプラに。

「川田さん今日は早いですね」と店員さん。

早いのか遅いのか、おなかが空いたのでカップうどんを買って家で食べました。

翌朝病院には私が行くことになりました。

翌朝、うどんのせいで、胃がものすごく痛みました。

続く
スポンサーサイト
[ 2010-03-30 (Tue) 06:27 ]   Comment(1)
   Category:病院
written by 津和野大好き!
それは御心配ですね ぜひお気をつけてあげてください。。。
2010-03-30 (Tue) 17:54 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://kawadatsuyoshi.blog46.fc2.com/tb.php/129-689c2341